越谷市産業情報ネットワーク
こしがやiiネット こしがやiiネットホームへ
トップページ特産品伝統的手工芸品>だるま

だるま


だるまは、古くは子供の疱瘡や疫病の魔よけのまじないでしたが、次第に五穀豊穣、商売繁盛、開運など、縁起ものとして庶民の人気を集めました。

越谷だるまは、西暦1713年頃、間久里の「だる吉」という人形師が、従来あった“起上り小法師”という玩具に、座禅を組んだ達磨大師の姿をとり入れて作 り出したものと言われています。だるまは、古くは子供の疱瘡や疫病の魔よけのまじないでしたが、次第に五穀豊穣、商売繁盛、開運など、縁起ものとして庶民 の人気を集めました。


越谷だるまは、西暦1713年頃、間久里の「だる吉」という人形師が、従来あった“起上り小法師”という玩具に、座禅を組んだ達磨大師の姿をとり入れて作り出したものと言われています。

越谷だるまは、他のだるまに比べ、色が白く、鼻がやや高い、上品で優しい顔立ちが特徴です。
最近、記念品や結婚式の引き出物、受験生の合格祈願などに利用され、川崎大師、西新井大師など関東一円をはじめ、北海道から九州まで全国に出荷されています。

注文が多くても、生産は昔ながらの手作りです。まず、いちょうの木をくり抜いた木型に下張り紙と和紙を貼り、2〜3日天日で乾かします。そして、木型から はがして切れ目をのりづけして、台をつけて塗装。文字を書いて、飾りを入れ、まゆひげを描けば完成です。張り子づくりのこうした一連の作業が伝統的な手作 業で行われており、一人前の職人になるには数年かかると言われています。
なかでも、だるまの命と言われるひげ描きには、穂先の長い面相筆を使いますが、大小にかかわらず同じ筆で描くため、職人の腕のみせどころとなっています。

昭和59年には、張子だるまとしては全国ではじめて埼玉県から伝統的手工芸品に指定されました。

事業所名 代表者 所在地 電話番号
上原工芸
上原重雄 越谷市千間台東3-9-14 048-975-1005
遠藤商店
遠藤志一 越谷市袋山89 048-975-8374
荻野ダルマ製作所
荻野芳雄 越谷市北越谷4-9-31 048-974-8531
(有)島田達磨総業
島田和明 越谷市東大沢1-13-4 048-973-5061
田口物産(株)
田口雅弘 さいたま市岩槻区末田2004 048-798-0329
松崎達磨産業
松崎達次 越谷市下間久里1312 048-975-1121
岩槻整型
須賀哲雄 さいたま市岩槻区末田2258 048-798-0945
はぎ原商店
はぎ原信雄 春日部市大場199 048-735-1272

1ページ前に戻る
こしがやiiネットホームへ ご意見・ご感想はこちらから iiネットについて iiネットご利用にあたって サイトマップ